もうじゃによる全世界投資実践録+α

お金がすべてではない!!でもお金は必要だ!!!(゚Д゚)ノ

MENU

アセットバランスに債券は必要だ!!

どうも、亡者でございます(*'ω'*)

前回は債券を含めた場合の値動きに関して見てみました~。

今回は私のアセットバランスの場合はどうなのかを見てみたいと思います(/・ω・)/

株式のみと債券を含めた場合の比較はこちら↓↓

www.moneyispower.site

私のアセットバランスに関してはこちら↓↓

 

www.moneyispower.site

 

 

 

  

f:id:moneymoney123:20181223173008j:plain


 

 

 

今回比較するもの

①私のアセットバランスで株式のみと先進国株式100%

株式のみの割合としては日本株式30%、先進国株式40%、新興国株式30%となります。

②私のアセットバランスと先進国株式100%

早速見ていきましょー(*´з`)ピーピー

 

 

 

 

①私のアセットバランスで株式のみの場合

f:id:moneymoney123:20181216211848p:plain

現在のリターンに関しては先進国株式に対して上振れしていますが、リーマンショックの時にはより大きく下げているのがお分かりいただけると思います( ゚Д゚)ウェーイ

 

 

 

 

  

②私のアセットバランスと先進国株式100%の場合

 

f:id:moneymoney123:20181216212227p:plain

こちらもアセットバランスのほうがリターンが上振れしている状態で、①とあまり変わっている感じはありませんね(/・ω・)/ドーナンダイ

 

 

 

 

 

③両者の比較

f:id:moneymoney123:20181216212546p:plain

とても見づらくて申し訳ありません( ;∀;)

若干太線のほうが株式のみのグラフです('ω')ノ

 

 

もし、1998年末に100万円ずつ購入していたらどうなっていたか

リターン

①株式のみの場合:227%

②私のアセットの場合:212%

 

リーマンショック時の下落幅(ピーク時とボトム時での差)

①株式のみの場合:108%

②私のアセットの場合:83%

 

 

20年間バイアンドホールドした場合には株式のみのほうが高いリターンです!!

リーマンショック時には両方とも暴落という名に相応しい程下がっていますね( ゚Д゚)

両者の下落幅の差は25%程度の違いです。これを大きいとみるか小さいとみるかは人それぞれですが私は25%の下落幅の違いは大きいと思います(*'ω'*)ヨンブンノイチ

前にも書きましたが私にとって大事なことは最大リターンを取ることではなく、できるだけ安定した値動きで増えていくもので投資を行うことです(*´ω`*)

このグラフでは運用期間のちょうど真ん中で暴落しているためまだ耐えられるかもしれませんが、もし15年目に来たら?20年目に来たら?と考えると値下がりをしないことが最大のリターンだと私は思います。

まあ、全く暴落しないわけではないですが、20年間で15%のリターンと引き換えに25%暴落しにくいもので運用できるのであれば私はそちらを迷わず選びます。

グラフでもう一つ注目していただきたいのは暴落の前後(2002~2006と2009~2016)の値動きです。債券を含んだ細い線のほうが株式のみの場合より上振れして、かつ、緩やかな動きで推移しているのが分かると思います(*´з`)

 

下落相場においての安定性のために債券は必要なのです!!!と言いたいな~(*´Д`)アハ

 

ではまた~。ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村