金の亡者による全世界投資実践録+α

お金がすべてではない!!でもお金は必要だ!!!(゚Д゚)ノ

MENU

保険は必要か??②

どうも、亡者です(/・ω・)/
前回は生命保険について必要かどうかを書きました(*'ω'*)
www.moneyispower.site

今回は残っていた医療保険について書いていこうと思います。
様々な保険がありますが、今回は介護保険は除いて書きますよ~。
では早速見ていきましょー(=゚ω゚)ノ

目次( ..)φメモメモ

医療保険について

医療保険は「生きていないと貰えない保険」でしたね(=゚ω゚)ノ
簡単に言うと、病院での治療や入院・通院で掛かったお金を保障してくれるものです。どのくらいの範囲を保障してくれるかは契約によりますが、あれもこれも付けていると金額がとんでもないことになりますので注意が必要ですΣ(・ω・ノ)ノ!
また、ある分野のみを重点的に保障する保険もあります。がん保険(がんになるリスク)や就業不能保険(働けなくなるリスク)は「ある事柄に特化」した保険の代表格ですね(*'ω'*)

【各論の前に結論】医療保険は必要なのか?

貯金があるのであれば原則必要ないと思っています(=゚ω゚)ノ
前の記事でも書きましたが、「保険は生活が破綻しないために加入するもの」ですから、破綻しないだけの貯金があるのであれば不要なのです(*'ω'*)

【各論その1】医療保険

医療保険でスタンダードな保障内容として

①主契約=入院給付金
②手術給付金
③各種特約系(がん、先進医療、女性、通院等々)
この3つに大別できます。主契約を本幹として各種の特約などをつけていく形になりますね(*'ω'*)
この組み合わせと契約者の年齢などによって保険料が変動してきます。特約をあれもこれもとつけてしまうと結構の額になってしまう可能性もあります。

主契約=入院給付金

こちらは、入院をした場合に給付されるものになります。この入院給付金にも種類があり、基本的には・・・
①日額いくらか(5000円か10000円が多い)
②保障期限(60日~180日がほとんど)

この2つの組み合わせになります。
保障としては日額5000円の60日で十分です。むしろ日額3000円あれば問題ありません。

高額医療費制度???

なぜ日額3000円で足りるのかですが、日本には高額医療費制度というものが存在しているからです。
簡単に書くと、どれだけ医療費がかかったとしてもある一定の金額までしか自己負担をしなくても良いという制度です。
その一定額というのはその人の収入によるのですが、平均的な人であれば80000~90000円になります(/・ω・)/
1か月90000円だとして、日額3000円あれば赤字にはならないので十分だということになります。

入院日数の平均は何日か?

よく「長期入院したら心配ですから180日保障できるこちらのほうが安全ですよ(*'ω'*)」って保険屋の人たちは言ってくるんですが、今の日本の平均入院日数ってご存知ですか?
平成26年の時点で31.9日です!!!
三大疾病を見てみても、入院日数が60日を超えてくるのは脳血管疾患のみですΣ(・ω・ノ)ノ!
今は、入院ではなく通院で治す時代になっているといっても過言ではないでしょうから、入院給付期間を180日に延ばしても意味がないのです( ;∀;)
そんなに長い保障期間が必要なのでしょうか・・・?

手術給付金

手術であるからと言って特別にお金がかかるわけではありません( ;∀;)
・・・お金はかかってますよ?(笑)
でも、負担額は高額医療費制度によって上限が決まっていますから手術をしたからと言って上限額以上を支払わなければならないことにはなりません(*´з`)
なので基本的には不要であると思います。セットでついてしまうものは最低金額にしてしまいましょう!!

各種特約でつけるなら?

各種特約に関しては個人的な好みもあると思います。
私ならば、通院特約先進医療特約だけつけると思います(=゚ω゚)ノ
他の特約に関しては不要だと思います。その理由は、
・・・その他の特約に関しては高額医療費制度が最強すぎて意味がないからです( ;∀;)

がん特約に関してはがん治療で保険適応外のものを行いたい場合に加入していたほうが良いですが、特約の保障内容では焼け石に水の可能性があるので「がん保険」に別途加入したほうが良いと思います(手厚い保障が欲しいなら)。

他の特約に関しては特定の疾患になったからと言って保険適応外の治療をする確率は極めて低いため高額医療費制度で月90000円程度で済んでしまいます。

通院特約

通院で高額医療になる場合も現在増えてきています( ゚Д゚)
日帰りで手術(心臓カテーテル等々)ができるようになったのは間違いなく医療の進歩のたまものだと思います。
しかし、そこで1つ問題が発生するのです(( ;∀;)
そう、入院給付金はもらえないのです!!!
だって入院してませんよね?だから給付されないのです( ゚Д゚)
そうなると90000円の出費になってしまいますね泣
それがもし、嫌だという人であれば「通院特約」はつけても良いかもしれません( ..)φメモメモ

先進医療特約

先進医療で有名なものといえばがん治療の「重量子線治療」ですね(*´з`)
これらの治療は公的保険の適応外なので全額自己負担になります。
普段私たちは健康保険で自己負担3割ですが、これも適応されないので自己負担10割ですΣ(・ω・ノ)ノ!
たとえば、「重量子線治療」を1回すると300万円程度かかりますのですべて自己負担になります。
・・・これだけ聞くと怖いですよね。
その治療が必要になる確率は極めて低いですが0ではありません(=゚ω゚)ノ
保険料も月100円程度なのでお守り代わりに付けておいても問題ないと思います(*'ω'*)

医療保険もさまざまな特約を付けて保険料を上げてこようとしていますね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
自分が本当に必要な保障のみをつけて、残りのお金は効率よく運用したいものですな(=゚ω゚)ノ
残ったお金は投資!!・・・と言いたいけど皆さんはどうします??
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村