金の亡者による全世界投資実践録+α

お金がすべてではない!!でもお金は必要だ!!!(゚Д゚)ノ

MENU

自分に必要な「投資の利回り」を知るために必要な3STEP

どうも、亡者です(*'ω'*)

投資を行っていく上で重要なことは、

目標をもって行うということだと思います。

「目標のないまま我武者羅に」というのも楽しいものですが、

投資に回すお金を増やしすぎて生活が困窮しているのもおかしな話です( ;∀;)

長期間行うからこそ、ある程度の目標は欲しいところですな~。(とりあえず投資しとくという考え方も私は好きですが・・・笑)

なので、今回は必要な投資の利回りについて考えてみようと思います!

始めにやるべきことは目標設定!

冒頭でも書きましたが、投資を始める前に目標を立てましょう。

目標をして設定するものは、大きく分けて3つです。

まず考えること

1番目:投資する目的
2番目:運用期間
3番目:運用に回せるお金がいくらか

この3つを考えておかないと必要な利回りも分からないので、

なにで運用すべきなのかがずれてきてしまいます。

なぜかというと、

欲しい金額(投資目的)=元本(投資総額)×年利(今回知りたいもの)×運用期間

だからです。

なので、この3つを把握することから始めましょう!!

投資する目的

投資する目的はまずはっきりとさせましょう!!!

資産形成には様々な形がありますし、

欲しい金額と運用期間によって選択する投資(運用)が変わってくる可能性があるからです。

例えば・・・
「老後に海外旅行に行きたい」
「2年後に住宅の資金を用意したい」

これであれば、後者のほうが高い利回りが必要なことは想像できると思います。

目的に関しては何でも良いと思います。


「月の収入に1万円プラスしたい」
「欲しい車に乗りたい」
「世界一周旅行がしたい」
「早めに仕事を辞めたい」


漠然とでもいいので、なぜ投資をしたいのかを考えることが重要です!!!

運用期間

目的が決まったら、今度は「いつまでに欲しいか」を考えてみましょう(/・ω・)/

例えば、

子供の大学資金であれば(子供が0歳の場合が)最大で18年間の運用期間
老後資金であれば20~30年以上の運用期間

この運用期間が短ければ短い程(理論上は)利率の良いものに資金を投じなければならなくなります。


投資での利益=元本×年利×運用年数 ※これは単利です

上記のようになりますから、

運用年数が短いと元本か年利が高くないと同じ利益を得られないのですな~。

運用に回せるお金がいくらか

投資目的と運用期間が決まったら今度は投資に回せる金額を考えてみましょう。


月に1万円が限界かな・・・
月に10万円は余裕で大丈夫!!

などなど、さまざまな方がいるかと思います。

自分の家計状況をみて、どのくらい投資に回すかを決定していきましょう(=゚ω゚)ノ

ここで重要なのは、

無理な金額設定をしないことです。

無理をしていると必ずどこかで疲弊したり、続かなくなってしまいます・・・。

投資は続けなければ意味がないので、続けられる金額で設定してみましょうね(*´з`)

3つが決まったら必要な利回りを出してみよう!

欲しい金額(投資目的)=元本(投資総額)×年利(今回知りたいもの)×運用期間

この式で言う3つが導き出せたら、必要な利回りが分かります。

必要な利回りによって必要な運用先が変わってきます。

www.roboadsimulation.qri.jp

こちらのサイトで「リターンを計算する」に先ほどの3項目を入力すると必要な利回りが算出できますぞ!!

もし10%以上をコンスタントに必要とするのであれば、投資のみでは難しいかもしれません。

FXなどでの投機が必要になってきます。

必要な利回りが大きすぎるときは?

必要な利回りが大きすぎるときは、次の3種類の選択があります。

利回りが大きすぎるときは・・・

①投機などのリスクの大きい運用をしていく
②運用期間や投資金額を見直す(運用する金額、期間を増やす)
③目標設定を見直す(欲しい金額を減らす)

これに関しては、個人の選択なので何とも言えません。

・・・が、私がお勧めするのは、

投資を早めに始めて運用期間を伸ばすことです(*'ω'*)

あとがき

いかがでしたでしょうか?

必要な利回りが分かると自ずと投資先も見えてきますぞ~!

まずは、自分が何のために投資を始めるのかを考えてみてはいかがでしょうか(/・ω・)/

投資を早く始めることへの熱い思いはこちらでございます(笑)

一度読んでみてくださいな~
www.moneyispower.site

ぜひとも一日一回!!

応援のポチお願いします(´っ・ω・)っ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村