金の亡者による全世界投資実践録+α

お金がすべてではない!!でもお金は必要だ!!!(゚Д゚)ノ

MENU

投資資金×投資知識=自分が扱える投資額

どうも、亡者です(*'ω'*)

投資はお金がないとできない

という言葉って結構聞くと思います。

それと対極に

知識のない初心者に投資はできない

というのも、よく聞きますね。

どっちが重要なのでしょうか?

投資資金があったら投資は大丈夫?

たとえば投資初心者が宝くじに当たって1億円を貰ったとしましょうか(=゚ω゚)ノ

手元に1億円あるので、文句なしに投資資金>>投資知識ですね。

この場合は投資知識がないので、何で運用すれば良いかが全く分からない状態です。

お金はたくさん持っているけど、マネーリテラシーは皆無な状態・・・

まさにカモネギ状態ですね

知識のない人が資産運用のために相談するのは、銀行証券会社でしょう。

銀行や証券会社も営利企業ですから、大体手数料が莫大なものを売りつけてきます。

しかし、投資に関する知識のない人はお勧めされているからといった理由のみで購入してしまいます。

POINT

投資資金があっても、投資知識がないと大きなお金は運用できない

投資知識があったら大丈夫?

では逆に、投資知識はあるけどお金が1000円しかない場合はどうでしょう。

凄く極端ですが、そこは目を瞑ってください(笑)

この場合は、投資方法はわかるけど投資するお金がない状態です。

この場合でも、投資できる金額は増えませんね( ;∀;)

投資する力はあっても、肝心の投資する金額を持っていないのでそこで頭打ちになってしまいます。

POINT

投資知識があっても、投資できる金額がなければ大きなお金は運用できない

自分が投資できる金額は投資資金と投資知識のうち低いほうで頭打ちになる

グラフに起こしてみると簡単なのですが、

縦軸に投資資金、横軸に投資知識を取ってみます。

①投資資金はあるけど、投資知識がない場合
投資資金と投資知識をプロットするの下のような図になります。

このように投資資金と投資知識のうち低いもので運用できる金額は頭打ちされてしまうのですな~(=゚ω゚)ノ

②投資知識はあるけど、投資資金がない場合
投資知識があり、投資資金がない場合も同様に・・・

知識はあっても、投資できる金額が少ないので運用できる金額は低くなります。

では両方あると??

ではもう片方が高まってきた場合はどうでしょうか。

両要素が、高いレベルにあるので当然扱いきれる運用金額も大きくなります(*'ω'*)

どちらも大切ですが、どちらかが欠けているときは小さくやっていこう

なにが重要かというと、自分が運用できる金額を把握しようということです(*'ω'*)

投資の知識がないのに大きな金額を運用しようとするのは良くないですし、

投資資金がないからといって、サラ金などで借りることも良くないことは想像しやすいと思います。

自分の力量を超えて投資をしてしまうことは失敗する典型例です。

一度自分のキャパシティーを考え直すのも良いのかもしれませんな~。

私のキャパシティーは毎月の積立金額しか無理ですな・・・(*´Д`)

ぜひとも一日一回!!

応援のポチお願いします(´っ・ω・)っ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村